〔液体にがり〕 (豆腐用凝固剤)・・・瀬戸内海産・・海水にがり使用

                    製造所 : 岡山県倉敷市児島赤崎1−18−6
                       (有)吉川化学工業所


                 《成分》塩化マグネシウム・・・・・23.0%
                       クエンサン酸ナトリウム・・・・・1%
                       コハク酸ナトリウム・・・・・・・・1%
                       塩化ナトリウム ・・・・・・2%
                       塩化カリウム  ・・・・・・2%
                       天然物・・・4%、   水分・・・67% という分析結果です。
                      

 最近、天然にがりは「花粉症」「糖尿病」に効果が有るという記事が載ったりもして
      とても体に良い(特にアレルギー関係に・・・)とも言われています

              

      

           
 
【 液体天然にがり 】 : 木箱1回分(2丁用)20cc→¥55.(税込み)
           〃  : 木箱8回分(16丁)160cc→¥433,(税込み)
           〃  : 木箱50回分(100丁)1L→¥1353,(税込み)
                     
・・・ 各ペットボトル入りです
                                 ↓

                                  粉末にがり(500g)=¥504.−もあります。
 
        ↓
あぶくま豆腐手づくりセット(角田の地場産品)¥2700(税込み)。−

豆をつぶす為のミキサーさえあれば、誰にでも簡単にできます)

 ★豆腐木箱
 ★呉汁こし布
 ★仕上げ布
 ★天然にがり:20cc×2個 (粉末泡消し250g¥315.−もあります)
 ★角田産ミヤギシロメ大豆:300g×2袋
 
手づくり豆腐の作り方
 ※
作り始まったら、30〜40分で出来ます!
 「絹ごし豆腐は、豆乳ににがりを入れ、穴無し、布無しの型に
   流して固めたもの。(→冷や奴、湯豆腐に)
 「木綿豆腐」は、穴付きの型に布を敷き、重石をかけて水分を
   除きながら固めたもの。(→表面を焼くと焼き豆腐になります)
 
「おぼろ豆腐」は、型に入れて固める前の豆腐。(→冷や奴に)
 ※「おから」は、大豆から豆乳を絞った残り。
  (→炒りおからやおからハンバーグ、おからドーナッツなど
   ヘルシー食品に変身も・・・)

 
自分で作れば、胡麻;くるみ;しそ;ゆず;など お好みの味を加える事も出来、満足度100%です
  ・・・・畑のお肉と言われる「大豆」を使って、手作り豆腐をさっそく作ってみましょう・・・・

★極上の「生ゆば」も採れます!
   →にがりを打つ前に、2〜3分待っていると薄皮が張ります・・・これが「ゆば」です。
    割り箸などですくって、少し乾かして ゆば料理などにご利用頂けます・・・。
   →「この生ゆば・・・私が作ったんですよ・・・」・・なんて、カッコイイですよ・・
  
                         メール   (有)マルセン